コドミン 何歳から

MENU

コドミンは何歳から飲ませてOK?【心配です】

コドミン何歳から

お子さんが幼稚園や小学校で落ち着きがない、お友達とうまく遊べない、すぐ癇癪を起す、などの悩みを抱えられた親御さんから、絶大な支持を得ているコドミン。

 

このコドミンですが、こんな悩みを解決するサポートをしてくれるサプリメントです。

 

第三のブレインフードと言われる「ホスファチジルセリン」が一粒100rとふんだんに配合されています。

 

さてこのコドミン、一体何歳から飲ませていいのでしょうか?

 

効果が絶大なら、強い成分があるのか、何歳になったらいいのかしら?と心配になられることもあるでしょう。

 

ではこのコドミンが何歳から飲ませて良いのか、今回調査してみました。

 

コドミンの成分は大豆由来?

 

まず、コドミンの有効成分に先ほど申し上げた「ホスファチジルセリン」とありますが、これは大豆や牛肉に含まれる成分でもあります。

 

ホスファチジルセリンは脳の血流を改善し脳細胞を活性化させる効果があるので、注意力、判断力、集中力の改善など脳機能の向上に有効だそうです。

 

大豆や牛肉に含まれているとはいえ、含有量は少量で充分な量を食品から摂取するのは難しいと言われています。

 

例えば、大豆だったら約1000粒という気が遠くなるような量!

 

これを小さな子供に食べさせるなんて不可能ですよね。

 

このホスファチジルセリンの摂取量ですが、1日100r~300r程度が目安だそうです。

 

摂取量が少ないと効果が出ないこともあるそうですので、ここは注意ですね。

 

臨床実験にもありますが、一日100rを3回12週間投与された方は有意義な記憶改善効果が見られているという結果も出ているほどですので、これは、見逃せません。

 

コドミンはどうなの?

 

さてコドミンに戻ります。

 

コドミンはタブレット状でラムネのお味です。

 

お菓子感覚で非常に食べやすくなっています。

 

ですから、幼稚園児でも食べやすいので、安心ですね。

 

サプリメントですから、何歳からでもいいそうです。

 

しかし、喉に詰まらせると危険ですので、最初はお水を用意して、お子さんのそばについていてくださいね。

 

このコドミンは何と一粒で100rのホスファチジルセリンが配合されています。

 

毎日継続するのも効果を上げるためのポイントでしょうね。

 

気が付いたときに!

 

幼稚園や小学校で子どもの落ち着きがなかったり、先生に注意されることが多かったり、周りの子供に溶け込まなかったり、と悩まれている親御さんがこのコドミンを飲ませるタイイングとしては、つまり、いつでもいいということですね。

 

幼稚園に入るころはお菓子も食べることも出来るようになっていますし、小学校だったら、いわずもがなでしょう。

 

コドミンは栄養補助食品、サプリメントですので何歳から、どのくらいの量、などの指定がないのです。

 

安心してお子さんに飲ませることが出来ますよ。

 

お子さんの心を安定させてくれますし、何より親御さんもお子さんが落ち着けば、本当に安心することが出来ますので、お子さんに悩まれている方があったら、是非一押しのサプリメントです。

 

 

>>コドミンの通販サイトはこちら